遺言を撤回したい時や変更したい時はどうすれば?

整体力アップ!男子も必見!絶対チェックすべき人気まとめのまとめ > 相続手続き > 遺言を撤回したい時や変更したい時はどうすれば?

遺言を撤回したい時や変更したい時はどうすれば?

遺言の撤回や変更はいつでも行なうことができます。

 

一部を撤回・変更する場合は、自筆証書遺言であれば法律に定められた訂正の仕方で訂正するか、その部分のみ別の用紙に作成しなおすこともできるでしょう。

 

遺言書は常に後の日付で書かれたものが有効になりますので、後の日付で書かれた一部分のみ変更になり、それ以外の部分は前に書かれたものが有効のまま残ることになります。

 

公正証書遺言の作成や撤回は公証役場に出向いて撤回を申し出ることもできますし、変更部分のみを記した自筆証書遺言を作成することでも行なえます。

 

一部ではなく、すべての内容を撤回したり変更したい場合は、自筆証書であれば以前のものを破棄して作成しなおせばよいことになりますし、公正証書の場合は公証役場で破棄の手続をします。

 

逆に不要になった遺言書を破棄せずに残しておくと、相続人を混乱させたり、揉め事につながる原因となりますので注意が必要です。

 

さらに、遺言は遺言者が死亡したときに義務や権利が発生するものであり、生存中はいかなる義務も権利も発生しません。

 

例えば、長男に預金を相続させる旨の遺言書を書いていたとしても、遺言者はその預金を解約して使用することができ、解約した時点で遺言書の「長男に預金を相続させる」という部分は撤回したことになります。

 

このように遺言者は遺言を作成した後も、自分の財産について自由に処分することができます。数次相続の遺産分割協議書